Napa, California.








大好きな音楽を聞きながら、
SFOからNapaへひとっぱしり。


DSC_1730.jpg


ぶどう畑の丘をいくつも越えて行く。

車の運転は嫌いじゃない。
むしろ運転と呼ばれる物には全て興味がある。
ただあまりにも最近は日常的に使っていない乗り物なので、
たまに運転をすると、やべえカローラ最高! なんて思ったりもする。
(アメリカのセダン車だと必ずやクルーズコントロールなる物が
付いていたりしてロングドライブは結構楽チンだし、
最高速度が65マイルながら、結構楽しいワインディングに頻繁に
出会えたりもする。)

正直、個人的にはそんなに自転車ばかりに依存する必要は無いと
思っている。 
車があるからこそ出会える、良いトレイルやパスがあることも
知っているし、もちろん街の中では自転車の方が早いことが多い
と言うことも知っている。

でも自宅から自走で最高のルートに行ける山間部の生活にもやっぱり
憧れたりするのだが、逆に街に買い出し行く際には車を使わざるを得ない
という事になるので、結局はどっちもどっちで要は使い方や考え方が
大事と言う結論にやはり落ち着くだろう。
(まぁ一人や二人は狂信的なサイクリストの友達を持っておく事も
色々な側面で勉強になるし、偏っている人は得てして面白いのである。)


彼は結構狂信的に乗り物が好きな部類の人間だ。

そして物を捨てる事が出来ないタイプ。
”いずれ” 使うそうだ。

それもいいね。


DSC_1652.jpg

自転車、バイク、小さな車が彼の大好物。
(ISETTA、Smart、Valiant Coupe、& BB Scion所有。)  

DSC_1654.jpg
DSC_1655.jpg
DSC_1661.jpg
DSC_1662.jpg
DSC_1666.jpg
DSC_1668.jpg
DSC_1659.jpg
DSC_1657.jpg
DSC_1671.jpg

これらはすべて彼ら一族の "コレクション" である。

そしてハンバーガーも好物らしい。

DSC_1653.jpg


Curtis InglisはRetroTech / Inglisのビルダーである。

ジョークをこよなく愛し。 ワイフを愛し。 犬を愛し。
モノを愛し。 創ることを愛し。 直すことを愛する男。

自分が初めて手に入れた自転車が想像の源であり、
彼の自転車を一度見ると必ず忘れることは出来なくなる。
(最近のTopTube湾曲ブームの影の仕掛人かもしれない。)


DSC_1673.jpg
more than 35years old of his first bicycle


見た目の奇抜さと言う物は人の気を引きやすいことは確かだ。
ただ往々にして何処かにひずみが出来て "普通" に使うことが
できなかったり、それを"クセ"と称して神のように奉り上げる
人達もいたりする。 
モノにおいて一番大事なのは特異なクセではなく、あくまでも
ニュートラルに誰でも使うことができることだと信じている。
そして"マス"では得ることができないその中立性能を得る一番
手っ取り早い方法がカスタムオーダーと言うことになるのでしょう。


DSC_1694.jpg
DSC_1692.jpg
DSC_1691.jpg


Curtisが自転車を作り始めた "RetroTech" はとても由緒正しい
カスタムビーチクルーザーメーカーでした。 
それをオーナーから名前を受け継いで当時のRetroTechの出で立ちの
ままで"カスタムオーダークオリティ"のスポーツバイクにCurtisが昇華
させたのである。
(もちろん見た目から想像出来ないほどとても乗りやすい。 
簡単に説明するというと普通に漕ぎ出しの軽さであったり、
on the rail感がしっかりと感じれる操舵性能を当たり前に持って
います。)

もちろんパイプの量が多くなる故に多少の重量増があったりするのだが、
"おれ、そんなことはこだわらないよ"って、きっちり自分の価値観を
持った、多くのNorthern Californianが彼の自転車に魅了されて、
毎日のように彼の工房に話を聞きにやってくる。
(それは僕らも含めてなのだが。)



DSC_1698.jpg
DSC_1708.jpg



物事の本質を良く知っている人達に話を聞く事は本当に楽しい。

そしてどんな僕たちの"くだらない質問"でも丁寧に丁寧に噛み砕いて
伝えよう、教えようとしてくれるアメリカのフレームビルダー達に
出会っていると、僕らがもっとやらなきゃいけない事だったり、
もっと変えていかなければならない問題点などもはっきりと浮かび
上がって来るのです。

そして本当に多くのビルダーは自分たちの出来る事、やれる事を
伝える事によって、次に繋げる事によって、唯一自分たちの存在を認めて
もらえる事を知っているのだと思います。 
そしてそんな一人一人の積み上げが今のアメリカの自転車産業の成功の源
であったり、急激に進むバイシクルカルチャーの発展の柱になっている事
は言うまでもないことでしょう。


DSC_1714.jpg
DSC_1715.jpg
DSC_1712.jpg
DSC_1707.jpg


失った事に気付いた僕たちは今一度作り直す必要があると感じています。


DSC_1677.jpg
DSC_1678.jpg
DSC_1680.jpg
His Daddy bike.
DSC_1681.jpg
DSC_1682.jpg
His  very first era bike.  It's different name on it.
DSC_1683.jpgDSC_1684.jpg
His mammy bike
DSC_1724.jpg
DSC_1726.jpg
DSC_1723.jpg
DSC_1729.jpg
DSC_1727.jpg


今日はすこし長く書きすぎました。

でも伝えたい事が多すぎる事はけっして悪い事ではないと信じて。


70年代に恋いこがれているこの頃の僕は彼らに聞いてみたいのです。
彼らなら答えてくれると思います。



最近はどうって?




BlackCats are available.



怒濤のように過ぎた1週間、

人に会い、話をし、分かち合い、また別れる。

そんな日々があまりに愛おしく、また次へとの活力になる。

あぁキャリフォルニア。。。 あぁオレゴン。。。



先日入荷していたのですが、アメリカ出張の為に出し惜しみしていたブツ。


DSC_0159.JPG
DSC_0160.JPG
DSC_0168.JPG
DSC_0165.JPG
DSC_0169.JPG
BlackCat Bicycles
MTB 29er Frame & Fork Set
(Non Suspension Corected )
Size : 16" TT : 550mm (Efective)
¥273000


California, SantaCruzを拠点とするHand Made Bike Builderのひとり
Toddが製造するFrameは全ての行程をたったひとりでデザインから溶接
ペイントまでをこなす"The Third Generation Builder" です。
SalsaやRockLobsterさらにはHunterやRetroTech達の積み上げて来た
Northern Californianにおけるフレームビルディングの歴史を更に
一歩上へとステップアップさせた感のある新時代のビルダーです。
ぜひ彼に "His Choice" と、ペイントを頼んでみませんか? 
必ずや世界に一台のあなただけの極上が生まれることでしょう。
 

そしてこちらは今後の為の飛び道具。


DSC_0154.JPGDSC_0150.JPG
DSC_0151.JPG
DSC_0152.JPG
DSC_0154.JPG
BlackCat Bicycles
CX Racer for Future event
This will be completed with very special parts...
we will see in the future.



お気軽にお問い合わせお待ちしております。







SimWorks Dealers

 

現在、SimWorksの商品の取り扱いがありますお店様の一覧です。


SimWorks製品一般    ( simworks_product )


・関東




Cycle Boy  埼玉県志木市館2-7-3  TEL:048-474-6228

・中部

・関西




Cielo by Chris King取扱店   ( http://www.sim-works.com/cielo/ )


・関東

Cycle Boy  埼玉県志木市館2-7-3  TEL:048-474-6228

・中部



・九州


HunterCycles  ( http://www.huntercycles.com/ )


・関東
Cycle Boy  埼玉県志木市館2-7-3  TEL:048-474-6228

・中部


DesalvoCustomBikes, SycipBikes, 
RetroTech/Inglis & Black Cat Bicycles
・中部


Philosophy Bag  ( http://simworks.jugem.jp/?cid=12 )


・関東


・中部


・九州



その他ご質問等はこちらまで。



like!

 


最近は本当に多種多彩な問い合わせがくるようになった。
とても喜ばしいことです。 
色んなニーズがあり、色んな人がいる。

いいね。

最終的にめんどくさがっては、
絶対に手に入らないものがあるってことも分かってきて、
どんどんとイマジネーションと行動が双頭のように回りはじめるといい。
そしてそこにはまた、出来る事、出来ないということが分かり、
どうしてかも知り、また頭を回すことによって、
自分や他人と再度向き合って行くことになるのかなんて思ってもみる。

いいね。


5619567284_65e011f213_b.jpg


このバイクには良いコメントが入ってた。
"ラグドのスチール、カーボンフォークにクラシッククルーザートップ。
音だけ聞くととっても不調率。 でも絵を見ちゃうとねぇ、、すてき。"

同感です。


5554803154_53ff3b9cb6_b.jpg


"スチールとノンサス、ラウンドトップ&ダウン、 プラスおまけ。"

1992年にRetoroTechが生み出した最初のモダンクラシックスタイル
ジオメトリーを日々進化させながら現在でも手仕事で作っています。
もちろんきっちり山でレースで使うことが大前提です。


5465659264_7a593bcc4c_b.jpg
RetroTech  StepThrough CommuterBike for NAHBS


"誰が決めたのかこの国ではママチャリがダサイものだなんて。。"

誰のコメントかは知りませんが、BSのカタログですら楽しんでほしい。
そこには使う使われるの美学があります。
泥よけは奇麗なもので、
スタンドは便利なもので、
キャリアは必要なモノです。
それは買う人、作る人がどういうアイデアを持っているのか。
自転車はなーんにも悪くない。 作ったのも使うのもひとだから。


5601140129_28d4fe616b_b.jpg


シンプルに物事を追求できれば自ずと答えは導かれるもの。
それが正解かは知らないが、自転車に限って言えば正しいことが多い。
そんな見本になりえるかは見た人次第。
でも私に限って言えばこのINGLISは大正解。

RetroTechもINGLISも大正解。


こんな多彩な人々の要求に答えても、けっして自分らしさを見失わず。
次の一台への成長に繋げて行く。
それを着実に10年、20年と繋げて行く単純作業。
至極単純な道筋。


色んな人がいるのは分かり始めたから、
立ち位置を知る為に知ることを始めたり。
何が出来て、何が出来なくて、何を知らなくて、何を知りたいのか。
そして "知りたいと思うには、全部違うという事を知るのだ。"
なんてささやかれたり。

いい時代になったもんだぜまったく。






All about my friends #2.

 


昨日発生いたしました、東北沖地震におきまして、
被災されたかた並び、家族親族、お仲間を近隣にお持ちの方達に対し
謹んでお見舞い申し上げます。

早急の復興を心よりお祈りしております。



-----------------------------------------------------------------------------



遠く離れた仲間から、おい!大丈夫なのか?とのメールに胸熱くなり、

大丈夫さおいらはね、、、、 

でも、とてもとても日本が大変である事の旨を伝える。

そんな心優しき仲間を持てた事もきっと幸せのひとつだと痛感する。

今日をとても大事に生きるという事を再確認する。


JeremySycipの街を後にして、向う地点はワインの産地。

NAPA。 

世界有数の高品質ワインの産地。

そこで生まれ出る自転車も、もちろんの高品質であり、

世界有数のアイロニックバイク達でもある。


DSC_0064.jpg
Inglis Cycles

DSC_0056.jpg
Hey Curtis!  I am here now.




巨大な体格からは想像もつかないほどの繊細なパイプワーク。
フレームや自転車に対する想い、素晴らしい塗装のアイデア。

多くのCurtis信者に似た仲間に支えられ1993年よりフレーム製造を開始。
正道から邪道まで彼の息のかかるバイクは常に人を魅了し続けています。



DSC_0059.jpg
His Next MTB. ( 650b Style)

DSC_0060.jpg
Inglis Original Stem with Color much

DSC_0062.jpg
Anvil Frame Jig

DSC_0065.jpg
S & S Bike

DSC_0058.jpg
Original Commuters 



彼程、ほかのビルダーに愛されている人もなかなか珍しい。

彼独特のセンスと言い回し。(基本は辛口だが。。。)

そして自身を支えるビルディングセンスがみんな彼の虜になる。


ぜひ多くの人が彼の虜になって欲しい。 せつに思う。




そして彼に取り込まれた身内のバイク。






すごく良いと思う。







Sweet Tech.

 


愛着。

忘れ去りゆく言葉なのか。

愛着。

自分の愛する物。

愛して止まないもの。



ss-2222089330_7f25751872_o.jpg
RetroTech By Curtis Inglis 
from Napa, California 


Inglis & RetroTech CyclesはオーナービルダーCurtis Inglisの
すばらしく、楽しい感性によって生み出される極上のFunToolBike。
California北部のワインのメッカであるNapa Valleyを拠点に、
More Fun、 More Stylish、More Speedをモノ作りの中心に置き、
一台一台を丁寧に作り上げていきます。InglisCyclesはStraightTop、
RetroTechCyclesはCurvedTopというとても簡単なコンセプトから、
生み出される造形美は、乗り手や、もちろん仲間のビルダーからも
一目置かれるCalifornian Builderの代表的存在です。

★CustomSteelFrame ¥176400~
★CustomSteelFork ¥39900~



母の作ったセーターやツギハギだらけのジーパン。

乳臭いブランケットとあせくさいピロー。

毛がうすくなったテディベアと重い僕の自転車。



ss-2216275421_6b9e22cbbd_o.jpg
RetroTech 
Half Top MTB



実家から持ってきた花瓶に花を生け、

愛着の出てきたテーブルに座り、

お気に入りのマグで大好きな人が焙煎したコーヒーを飲む。



ss-3444125332_f547005e76.jpg
RetroTech
Double Top MTB



自転車もそんなモノたちの代表になれると良い。

きっとなれるはず。

だってこんなに素敵な自転車がいっぱいあるから。



★Inglis & RetroTech Cyclesに関するお問い合わせはこちらまで。





selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode